街コンで成功するコツ

街コンを結婚探し相手の婚活コンとして参加している人はいまたくさんいるようです。恋愛の対象や友達探し、そして飲み仲間探しなど、街コンの参加のモチベーションはいろいろあると思います。このイベントを結婚相手探しの手段として利用する際には、どんな点を意識すべきなのかを解説したいと思います。

街コンでは、決められたエリアの中に、いくつかのお店があって、その中を移動していきます。街コンは指定されたエリア内にあるお店を移動していくことが出来ます。しかし、イベント自体が時間制限があることを考えますと、移動時間はムダな時間と考えることが出来ます。移動をダラダラと行うことは、時間の浪費とも言えます。

その半面、ずっと同じ店の同じ場所に座っていては、知り合う相手も限られてしまいます。これらを考えると、街コンで良い人と出会うためには、効率的かつ積極的に動くということが大事になります。

これには、前もって戦略をたてることが可能です。街コンが行われるお店を事前に把握しておき、頭に入れておきましょう。どこに何の店があるか覚えておき、街コンの際に、女性の好みに合わせてお店を移動するというのも良い方法です。効率的に行動すると、たくさんの人と出会うことが出来るのが街コンのメリットです。

しかし、相手を選ばずに声を掛けても仕方が無く、時間の浪費になります。結婚相手選びという目的を忘れずに、タイプの人に絞って声を掛ける必要があります。声を掛けてからも、話があう人だれば積極的に話すようにして、話が合わないのであればすぐに場所を変えるのが懸命です。

街コンでは、連絡先交換を成功する例は多いです。このとき、街コンに慣れている人が相手のときは、多少の注意が必要になります。連絡先をなかなか教えてくれないことが多いです。その場を楽しむためだけに来ている参加者もいるということを覚えておきましょう。

街コン慣れしていない人や、話が合いそうな人を選ぶと、結婚相手候補が見つかりやすいかもしれません。連絡先の時、それ自体に時間がかかりすぎたり、手こずったりするのはよくありません。時間がかかりすぎると、気が変わってしまう場合もあります。LINEなどのアプリで「ふるふる」「ID」などを使用してすばやく連絡先交換をするなど、事前に出来るだけ簡単に連絡先交換が出来るような手段をおさえておきましょう。

街コンで婚活

街ぐるみで商店街を使って開かれる大規模なコンパ、「街コン」があちこちで開催されるようになりました。合コンは少人数の限られたメンバーで行われますが、街コンは街全体だったり、商店街など一定の範囲内に複数のお店を使って開催されます。

その中で移動は自由に行えるので、指定されたあちこちのお店へ行って、食事をしたり話をしたり、楽しみながら異性と出会えるイベントです。友達と食事にでも行く感覚で、気楽に楽しみつつ、恋人や結婚相手候補を探すことが出来ます。

今では日本中で開催されており、年間で2000回を超える頻度で街コンが行われています。結婚相手を見つけるためには、一人でも多くの人と出会いを重ねる事です。休日を一人でまったり過ごしてばかりいては、誰とも出会うことは無いでしょう。やはり外出をして、活発に行動することが結婚相手を探す第一歩になるのです。

特に予定が無いのであれば、街コンには積極的に参加してみましょう。一人で行動することが不安なのであれば、誰かと一緒に参加すれば良いのです。

街コンの規模はだいたい100人くらいから、1000人くらいで行われています。結婚相手を探している人にとっては、これだけ新しい人との出会いの可能性があるので、非常に大きなチャンスといえるでしょう。

普通の合コンなどでは、主催者は知り合いなので、あまり気が進まない相手でも話を合わせたりする必要があります。しかし、街コンの場合、主催者は団体なので、義理立ての必要は無く、話したくない人には話す必要が無いというのもメリットです。

結婚相談所のお見合いパーティーの場合、参加資格に制限がある場合が多いですが、それで出会うことが出来ない相手がいます。しかし、街コンでは、結婚相談所のような参加資格はなく、出会うチャンスは広がります。あまり気を使う必要もなく、いろいろな人と出会える可能性が高い街コンは、結婚相手探しには絶好のチャンスと言えます。