結婚相手の年収について

20代~40代までの結婚相手を探している女性に、結婚相手に望む年収を聞いた際にわかった平均年収は550万円ということがわかりました。女性は結婚相手の条件に年収を上げる人が多いです。

女性の場合には、恋愛と違って結婚相手探しとなりますと、これからの生活の資金として年収に関心があるのは当然といえます。ほとんどの女性は年収は高いほうが安心します。

20代よりも30代、40代と年齢が上っていくと、理想の年収が上がっていく傾向にあります。しかし、これにこだわり過ぎると結婚相手はなかなか見つかりません。出会う前に収入面の条件だけでふるいにかけてしまい、出会う機会を減らしてしまします。

結婚相手を見つけるには、少しでも多くの人と出会うことが大切なのです。自分を見つめ直したり、条件を見直す必要も出てきます。

女性は若い頃から年上の男性を求める傾向がありますが、30歳を超えても同様です。医者や士業などの年収が高めの人を結婚の理想として掲げてしまいがちです。しかし、年収の高めの男性は競争率が高いので、若くて可愛い女性を求めがちです。この現実を無視しても、出会いはおぼつきません。

男性が興味を持つ女性には法則性があります。女性の年齢が3歳上がれば、男性は6歳年齢が上がると言われ、女性が思う以上に男性は若い女性を求めていることがわかります。

理想を高く持つことは悪いことではありませんが、そうすると成功率は反比例して下がってしまうのです。現実的に結婚までたどり着く確率を上げるためには、女性は相手の男性の年齢を高めに設定し、年収は低めに設定することが大切になります。

年収の高い男性は、たしかに結婚相手としては魅力的なことはわかりますが、そんな理想的な男性がゴロゴロいるはずもありません。少し現実を踏まえ、許容範囲を広げて、出会えるチャンスを広げるようにしてみては如何でしょうか。