結婚相談所の上手な活用法

結婚相談所は活用次第では、本当に自分にふさわしい相手が見つかるところです。上手に相手を見つけるための最大のポイントは、アドバイザーと良い関係になることです。

いろいろな人の出会いをプロデュースし、数々のカップルを誕生させてきているプロフェッショナルです。幸せな結婚を見つけるまでのコツやノウハウをたくさん持っています。アドバイザーと良い関係を築けると、結婚相手探しは非常にスムーズになるでしょう。

せっかく結婚相談所に登録しても、良い出会いが見つけられないのはとても残念なことです。良い相手と合わせてもらい、良い出会いを作ってもらわなければ、結婚はおぼつきません。

アドバイザーはプロですから、単なる好き嫌いでサービスを変えるというのはありませんが、やはり人間である以上感情はあります。婚活に真剣に向き合い、アドバイザーの意見にしっかりと耳を貸すような会員には、アドバイザーもより自分ごととして結婚相手探しをしてくれるようになるでしょう。

また、アドバイザーと良い関係が築けたら、自分の結婚に対する思い、結婚の形、相手への希望などをアドバイザーに伝えてみることです。自分の条件にはあまり固執をせず、実際に会った相手を認めてあげる姿勢も大事です。

結婚相談所で結婚までたどり着いた人の話では、条件をすべて満たしたわけではなく、最初は乗り気で会った相手だったけど、実際に合ってみるととても気配りが出来たり、すごく良い人だとわかったりして、次第に惹かれていった…などという話をよく聞きます。このように、データや条件に合っていなくても、幸せな出会いはよくあるのです。

また、いろいろな人と会ってみてもうまくいかず、自信を失ってしまったり、疲れ果ててしまうこともあるかもしれません。それでも、次の出会いに運命の相手が待っていることもあるでしょう。少しくらいの失敗にめげず、積極的な行動を続けることが、良い結婚相手を見つけるための秘訣なのです。

結婚相談所について

結婚相手を1人ではなかなか見つからないのであれば、結婚相談所を利用することをおすすめします。上手に活用すれば、自分にあったぴったりの相手を見つけることも可能です。

まず、結構相談所には多くの人が登録していますが、自分に合う人を見つけるためには、まずは行動が一番です。登録するだけでは何も進まないので、登録してからいかに行動していくかがポイントになるのです。

結婚相談所には、いろいろなサービスが用意されていますが、上手に使いこなすことが重要です。主に用意されているイベントには、「お見合い」、「お見合いパーティー」やその他のイベントがあります。また、インターネットを活用した検索サービスや、お相手を紹介するサービスも提供されています。

パーティーなどの場で、たくさんの人を探すのは気が引けてしまうような人は、自分の相手に求める条件を指定して検索し、それに合った相手とお見合いをする方法がおすすめです。

逆に、あまりかしこまらずにカジュアルな雰囲気で大勢の人の中から自分に合った相手を見つけるほうが良いという人には、お見合いパーティーのほうが向いています。

大人数で、いろいろな行動を見て、自然な相手を見て人柄や行動を見ることが出来るのであれば、バーベキュー、スポーツなどの一緒に出来るイベントに参加する方法も良いです。

お見合いパーティーのようなイベントは、結婚相談所じゃなくても開催していることがありますが、出会いまでに留まることが多いです。結婚相談所が良いところは、目的が「結婚」というのが前提で行われることから、その後の展開もスムーズです。

また、結婚相談所とひとくちに言っても、どこに入会すべきかは判断に迷うところです。結婚相談所にはそれぞれ強みや特徴が違います。例えば、お見合いパーティーが頻繁に開かれるところ、プロフィール検索などがしやすいところ、お見合いに注力しているところ、紹介人数が多いところなど、自分が使いやすいサービスに強いところを選ぶと良いでしょう。

こちらのアラフォー婚活のサイトなんかを参考にするのもいいかもしれません。

自分に向いている方法を上手く活用して、理想に近い相手を見つけてください。

お見合い 女性編

お見合いで女性が素敵な相手を見つけるときのポイントについて解説していきます。女性は受け身のほうがうまくいく場合もありますが、何もせずに結婚相手が見つけるというわけにもいきません。自分にぴったりの素敵な結婚相手に出会うためには、女性にとっても大事なポイントがあります。

まず服装についてですが、お見合いのときには、パンツスーツなどよりは、ワンピースやスカートなど、女性らしい格好のほうがうまくいくことが多いです。あまり派手に飾らず、ナチュラルメイクを心がけ、マニキュアなどは控えたほうが無難です。

お見合いの中で最も大切になるポイントは笑顔です。男性は女性の笑顔には、心が和らぎますし、女性の笑顔を嫌う男性はまずいないと思って良いでしょう。

次に待ち合わせについての心構えですが、10分前くらいには現地に到着しておくようにしてください。男性と初対面のときは、笑顔で簡単な自己紹介をしましょう。この第一印象は非常に大切です。初対面で男性の心を掴んでしまうこともあるくらいです。

そして、お見合いが始まってからの注意点です。これは、お見合いが始まってから、会話をするときには、家庭環境、結婚観の話になっても、あまり深入りをしないことです。例えば両親との同居の話題とか、親の面倒を見る話など、深い話題を初日からすると、敬遠されてしまうことが多いので、初対面ではまだこの段階ではないと思ってください。

まずは、2人で会話を楽しく出来るくらいにとどめておきましょう。お見合いでは突っ込んだ話をする場面ではなく、まずは良い印象を与えることに徹するのが成功の秘訣です。ですから、最も大事なのは笑顔になるので、できるだけ常に笑顔でいられると良い結果に繋がります。

それから、相手の男性の長所だなって感じたところはさり気なく褒めてあげるのもより2人の距離を近づけるでしょう。褒められるのは悪い気をしないものなので、お見合いの場の雰囲気も良くなり、あなたの印象も良くなります。

また、男性が話している中で、美味しいお店の話や、旅行などの話になったときに、「今度私も連れて行って頂けませんか?」などと言うことで、相手に好意があると伝えることが出来るので、相手はさらにあなたの印象を強めることになるでしょう。

このようなポイントをおさえることで、結婚相手につなげるような良いお見合いになるでしょう。

お見合いについて

お見合い相手が結婚相手になるまで、コツのようなものについて考えていきましょう。男性がお見合いで、素敵な結婚相手を見つけるコツについて見ていきます。

まず、お見合いで、待ち合わせ時間では、30分ほど前に現地につくようにします。前もってトイレに行くようにして、自分の格好がおかしくないか確認します。待ち合わせ場所の近くには、どんなものがあるか、確認しておきます。待ち合わせのときは、相手から見やすい場所に立ち、何かの影にならないようにしてください。

非常に大事なのが第一印象です。女性と合った時、自分から声をかけ挨拶をしてください。簡単に自己紹介をし、来てくれたことに感謝の気持ちを伝えましょう。しっかりと話しをして、良い印象を与えることが出来ると、それからは話をスムーズに進めることが出来るでしょう。

お見合いでは、紹介者が2人を引き合わせた後にほどなく退席します。それからは男性がリードしていきます。このときに、事前に早く来て調査したことが生きてきます。抑えておいたカフェなどで2人で話せる場所へ案内します。カフェなどのお店に行くときには、女性に前もって知らせておくことがポイントです。黙って行くのはNGです。

さて、これでゆっくり話をすることが出来ますが、このときには注意すべきポイントがあります。まず、沈黙してしまうと、とても気まずい状況になります。しかし、失言は禁物でもあります。デリカシーの無い質問はいけませんし、自慢話や余計な話をしないほうが無難です。

お見合いのときは、お互いに初対面なので、結婚観の押しつけや、相手の家の内情など、会話で深入りすると、次回が無くなってしまうことが多いです。これまでの恋愛遍歴や、見合いの数などは決して聞いては行けないタブーだと思ってください。

相手の女性が話しやすい雰囲気を心がけ、趣味の話などにとどめ、相手の話に耳を傾けるようにするのが賢明です。相手が良い人だと感じたのなら、また会いたいという気持ちをしっかり伝えることが大事です。女性も言われたら悪い気はしないものです。

このようなポイントに注意して進めることが、お見合いでの出会いを結婚までつなげる第一歩になります。

 

 

 

 

 

街コンで成功するコツ

街コンを結婚探し相手の婚活コンとして参加している人はいまたくさんいるようです。恋愛の対象や友達探し、そして飲み仲間探しなど、街コンの参加のモチベーションはいろいろあると思います。このイベントを結婚相手探しの手段として利用する際には、どんな点を意識すべきなのかを解説したいと思います。

街コンでは、決められたエリアの中に、いくつかのお店があって、その中を移動していきます。街コンは指定されたエリア内にあるお店を移動していくことが出来ます。しかし、イベント自体が時間制限があることを考えますと、移動時間はムダな時間と考えることが出来ます。移動をダラダラと行うことは、時間の浪費とも言えます。

その半面、ずっと同じ店の同じ場所に座っていては、知り合う相手も限られてしまいます。これらを考えると、街コンで良い人と出会うためには、効率的かつ積極的に動くということが大事になります。

これには、前もって戦略をたてることが可能です。街コンが行われるお店を事前に把握しておき、頭に入れておきましょう。どこに何の店があるか覚えておき、街コンの際に、女性の好みに合わせてお店を移動するというのも良い方法です。効率的に行動すると、たくさんの人と出会うことが出来るのが街コンのメリットです。

しかし、相手を選ばずに声を掛けても仕方が無く、時間の浪費になります。結婚相手選びという目的を忘れずに、タイプの人に絞って声を掛ける必要があります。声を掛けてからも、話があう人だれば積極的に話すようにして、話が合わないのであればすぐに場所を変えるのが懸命です。

街コンでは、連絡先交換を成功する例は多いです。このとき、街コンに慣れている人が相手のときは、多少の注意が必要になります。連絡先をなかなか教えてくれないことが多いです。その場を楽しむためだけに来ている参加者もいるということを覚えておきましょう。

街コン慣れしていない人や、話が合いそうな人を選ぶと、結婚相手候補が見つかりやすいかもしれません。連絡先の時、それ自体に時間がかかりすぎたり、手こずったりするのはよくありません。時間がかかりすぎると、気が変わってしまう場合もあります。LINEなどのアプリで「ふるふる」「ID」などを使用してすばやく連絡先交換をするなど、事前に出来るだけ簡単に連絡先交換が出来るような手段をおさえておきましょう。

結婚相手の年収について

20代~40代までの結婚相手を探している女性に、結婚相手に望む年収を聞いた際にわかった平均年収は550万円ということがわかりました。女性は結婚相手の条件に年収を上げる人が多いです。

女性の場合には、恋愛と違って結婚相手探しとなりますと、これからの生活の資金として年収に関心があるのは当然といえます。ほとんどの女性は年収は高いほうが安心します。

20代よりも30代、40代と年齢が上っていくと、理想の年収が上がっていく傾向にあります。しかし、これにこだわり過ぎると結婚相手はなかなか見つかりません。出会う前に収入面の条件だけでふるいにかけてしまい、出会う機会を減らしてしまします。

結婚相手を見つけるには、少しでも多くの人と出会うことが大切なのです。自分を見つめ直したり、条件を見直す必要も出てきます。

女性は若い頃から年上の男性を求める傾向がありますが、30歳を超えても同様です。医者や士業などの年収が高めの人を結婚の理想として掲げてしまいがちです。しかし、年収の高めの男性は競争率が高いので、若くて可愛い女性を求めがちです。この現実を無視しても、出会いはおぼつきません。

男性が興味を持つ女性には法則性があります。女性の年齢が3歳上がれば、男性は6歳年齢が上がると言われ、女性が思う以上に男性は若い女性を求めていることがわかります。

理想を高く持つことは悪いことではありませんが、そうすると成功率は反比例して下がってしまうのです。現実的に結婚までたどり着く確率を上げるためには、女性は相手の男性の年齢を高めに設定し、年収は低めに設定することが大切になります。

年収の高い男性は、たしかに結婚相手としては魅力的なことはわかりますが、そんな理想的な男性がゴロゴロいるはずもありません。少し現実を踏まえ、許容範囲を広げて、出会えるチャンスを広げるようにしてみては如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

街コンで婚活

街ぐるみで商店街を使って開かれる大規模なコンパ、「街コン」があちこちで開催されるようになりました。合コンは少人数の限られたメンバーで行われますが、街コンは街全体だったり、商店街など一定の範囲内に複数のお店を使って開催されます。

その中で移動は自由に行えるので、指定されたあちこちのお店へ行って、食事をしたり話をしたり、楽しみながら異性と出会えるイベントです。友達と食事にでも行く感覚で、気楽に楽しみつつ、恋人や結婚相手候補を探すことが出来ます。

今では日本中で開催されており、年間で2000回を超える頻度で街コンが行われています。結婚相手を見つけるためには、一人でも多くの人と出会いを重ねる事です。休日を一人でまったり過ごしてばかりいては、誰とも出会うことは無いでしょう。やはり外出をして、活発に行動することが結婚相手を探す第一歩になるのです。

特に予定が無いのであれば、街コンには積極的に参加してみましょう。一人で行動することが不安なのであれば、誰かと一緒に参加すれば良いのです。

街コンの規模はだいたい100人くらいから、1000人くらいで行われています。結婚相手を探している人にとっては、これだけ新しい人との出会いの可能性があるので、非常に大きなチャンスといえるでしょう。

普通の合コンなどでは、主催者は知り合いなので、あまり気が進まない相手でも話を合わせたりする必要があります。しかし、街コンの場合、主催者は団体なので、義理立ての必要は無く、話したくない人には話す必要が無いというのもメリットです。

結婚相談所のお見合いパーティーの場合、参加資格に制限がある場合が多いですが、それで出会うことが出来ない相手がいます。しかし、街コンでは、結婚相談所のような参加資格はなく、出会うチャンスは広がります。あまり気を使う必要もなく、いろいろな人と出会える可能性が高い街コンは、結婚相手探しには絶好のチャンスと言えます。

 

 

 

合コンで婚活

男女が出会うきっかけとして、合コンはとても有効な手段です。若い男女は迷うこと無く参加しやすいもので、恋愛や結婚に繋がりやすいイベントです。合コンで仲良くなってカップルになったとしても、結婚まで到達したカップルはそれほど多くは無いようです。

しかし、合コンには他にもメリットになる事があります。合コンで恋人まで発展しなかったとしても、友人関係になっておくことで、その人を通じてその人の友だちとまた合コンを開いたり、新しい異性と知り合うきっかけになることもあります。それによって、さらに多くの異性と知り合うきっけけになるため、恋人や結婚相手がそこから見つかる可能性が高まるのです。

合コンをきっかけとしていろいろなチャンスを広がることを考えると、出会いの場として最適と言えるかもしれません。

合コンで知り合った男性と結婚までたどり着いた女性にどのようにゴールインまで至ったのか、そのポイントを聞いてみました。

まず、その女性が合コンに参加するときのモチベーションがすでに違っていました。参加する際の服装は、非常に女性らしさを魅力的に引き出していました。

センスの良いファッションで、ミニスカートを履いたりして、セクシーな格好をしていたりすると、男性は惹かれがちです。しかし、そんな女性に対しては彼女にしたいとは思っても、結婚相手となるまた話が違っています。

しかし、結婚を意識し始めた年齢になってくると男性は結婚相手候補として女性を選び始めます。そういった視線からは、女性は家庭的かどうか、一緒にいて落ち着くとか、気がきいて優しいなどのような点を気にするようになります。

そんな視線からは、メイクが派手だったりするよりも、服装は家庭的な女性らしい格好のほうが、注目されるでしょう。合コンに参加する際は、何を目的にして参加しているか、その主旨からずれないような言動をすべきなのです。

結婚の現状

現代の日本では、女性の社会進出や晩婚化、婚姻率の低下または生涯独身を貫く人などが増え、少子化問題の原因ともなっています。

晩婚化の問題を見ていきますと、1950年当時は、男性が26歳、女性が23歳が結婚年齢の平均でした。それが、1980年ではそれが男性が28歳、女性が25歳となり、さらに2012年になると男性が30.8歳で女性が29.2歳となります。時代と共に男女の価値観や社会的な環境の変化などの影響が大きく影響しています。

また、生涯独身でいる人の割合も年々増え続けている状況と言われています。そして、男性の生涯独身率の場合ですと、20%を超え、5人に1人は生涯を通じて独身であるというデータになっています。これに対し女性では10.6%となっています。

国勢調査に基づく生涯未婚率予想では、男性35%、女性27%と非常に高い数値が予測されています。このような現状ですが、それでも結婚相手を見つけるために、必死で努力している男女も多くいます。このような人たちを支援すべく、街ぐるみで大々的にコンパを行ったり、出会いの機会を提供している状況です。

結婚相手を見つけるコツがあるとすれば、やはり自分から積極的に行動することです。結婚相手を見つけることはそうそう容易いことではありません。単純な確率の問題で考えても、10人の男性と知り合う以上に、100人の男性と知り合ったほうが、自分にあった相手に出会える確率が高くなります。それを実行するためには、やはり外へ出向くこと、人と出会う機会を増やすこと、それが何よりも重要なことだと言えるでしょう。

そういう意味で婚活サイトの利用とかは、結婚相手候補と出会うチャンスを増やすのに便利なツールと言えますね。